米・小型株ETFがブレイクアウト。IVVに追いつけるか。

27日の米国株式市場、NYダウが前日から+0.26%、S&P500が+0.42%、ナスダック総合が+1.15%の上昇となりました。

アルファベットやフェイスブック、アマゾン、他に銀行株が大きく上昇した中で興味深い値動きのETFが。

ブラックロックのETFにiシェアーズ・コアS&P小型株ETF(ティッカー:IJR)があります。

このETFが昨晩+2.06%と言う値動き

2016年末からずっと上値が$71~$72圏で抑えられていましたが、昨晩の上昇でレジスタンスラインを大きく上に抜けました。

このまま上方向に勢いが乗る可能性があります

スポンサーリンク

ブラックロックの海外ETFと言えばIVV?

同じブロックロックのETFと言えばiシェアーズ・コアS&P500 ETF(IVV)が有名です。

海外ETFのIVVとIJRがどう違うのかを比較してみると・・・

IVV IJR
年初来リターン +13.17% +6.17%
経費率 0.04% 0.07%
PER 22.06 23.64

IVVがいいですね。

ただ、ここから年末にかけて、もしかしたらこの形成が逆転するかもしれません。

海外ETFのIJR、どう言った活用の仕方があるのか。

  • 短期の売買で利益確定

長期で持つ前提であればIVVがいいと思います。

短期でETFの値上がり益を追求して一定のところで売却。

ETFを持つと言う感覚より個別株のトレードのほうがイメージが近いかもしれません。

もし明日以降、大きな上昇が続くようであればIJRも注目されてみてはいかがでしょうか。

※私も少し買ってみました。

最後までお読み頂きありがとうございました。お役に立てましたでしょうか。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
ブログランキングに参加しています。
まだランキング圏外の小さなブログですが、応援して頂けると運営の励みになります。

フォローする

スポンサーリンク