[1/31]30日のアメリカ株式市場と今後の見通し

S&P500
1994.99 -1.3%

あちゃー下げましたね。

とは言え実はgoogle(GOOG)は+4.67%、Amazon(AMZN)は+13.71%
Biongen Idec(BIIB)は+10.17%と実はちゃっかり上げてる銘柄はあります。
Visa(V)も+2.79%。注目してたもののノーマークでした。

それよりも注意しなきゃいけないのは
10-Yr Bod 1.6750 -4.34%

アメリカ10年国債の利回りが1.7%を切る水準まで下落していること。
株なんてヤベーヤベーやっぱ国債だよ、
そんな完全にリスクオフのムードが読み取れます。

注目していたSempra Energy(SRE)とかUnion Pacific(UNP)、
Walt Disney(DIS)やVF corp(VFC)
これまで動きの少ない安定性が高いと見ていた
銘柄もここにきて下落。今回の下げる動きの中でも中々、
下に動いてこなかった銘柄群です。

ゴクリ・・・・チャンスでしょうねぇ・・・(´д`;)

下げた時ほど買いのチャンスでしょうね。
とは言え、買い時の判断が難しい。

週明け2月に入ってからは雇用統計他、各種経済指標がまた多く
発表されるので、株価を上げる材料にはなりそう。

一方で、良い材料が投下されても今の警戒ムードの中で、
大きな影響を与えない場合も。ただ、ここで上げなかったら
今の揉み合う相場が長期化するかもしれないですね。

来週も様子を伺いながらの投資が続きます。
ちなみに損切りはしません。幾つかの銘柄マイナスになってますが放置のスタンスです。

最後までお読み頂きありがとうございました。お役に立てましたでしょうか。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
ブログランキングに参加しています。
まだランキング圏外の小さなブログですが、応援して頂けると運営の励みになります。

フォローする

スポンサーリンク